ピーターラビット研究所
ピーターラビット研究所

ピーターラビットの歴史

ピーターラビット最古の日本語訳【ピーターラビット研究所】




世界中で愛読されている英国の絵本【ピーターラビットのおはなし】の日本語訳が、
これまでに確認されていた大正時代より早い明治時代に作られていたことが、
河野芳英・大東文化大教授(英米文学)らの調査でわかった。
英語からの翻訳では、最も早いとされてきたオランダ語訳より6年も早く、最古になるという。
河野教授は、研究者でつくる国際的な学術団体に報告する予定だ。

(読売新聞記事より引用)

さすが100年の歴史を誇るピーターラビットですね。
明治時代には既に翻訳されていた、ということですが、
それでも出版からは結構時間が経ってるなぁ。

まぁ今とは時代が違うから情報の伝わり方も違うんでしょうね。

【ピーターラビット研究所】

ピーターラビットの映画

バレエ映画「ピーターラビットと仲間たち/ザ・バレエ」【ピーターラビット研究所】




ピーター・ラビットをはじめ、ビアトリクス・ポターのキャラクター達が、精巧な衣装とマスクに再現されて、
華麗にバレエを舞いながらメドレー式に5つの物語を追う、というもの。

絵本の世界は全てバレエで構成されていて、全体を通してセリフや解説が一言も出てこない異色の映画と言えます。

イギリスでは大ヒットし以後は舞台作品として英国ロイヤル・バレエ団の定番レパートリーの一つとなっています。

私は見たことないですが是非とも見てみたいなぁと思いますね。

【ピーターラビット研究所】

ピーターラビットが出てくる話

フロプシーのこどもたち【ピーターラビット研究所】




成長したピーターラビットはこの話でベンジャミンとフロプシー、そして彼らの子供らへレタスを与えています。

これもカメオ出演に近いですね。

というかピーターラビットって何歳なんでしょう??

【ピーターラビット研究所】

ピーターラビットが出てくる話

「ジンジャーとピクルスや」のおはなし【ピーターラビット研究所】




この名義詐欺の話で、他のキャラクターと共に以前に登場したピーターラビットやその家族がカメオ出演しています。

ちなみにカメオ出演というのは、ゲストとしてのチョイ役のこと。

絵本にもカメオ出演という言葉はやや違和感がありますが・・・

【ピーターラビット研究所】

ピーターラビットの概要

ピーターラビット【ピーターラビット研究所】




英国の女性作家【ビアトリクス・ポター】が英国の湖水地方を舞台に描いた絵本シリーズです。

「ベンジャミンバニーのおはなし」「グロースターの仕たて屋」など20作以上あり、福音館書店などで日本語訳が出版されています。

出版から実に100年を経た今も世界で人気が高いです。

米英などで公開されているポターの伝記映画が、今秋には日本でも公開される予定です。

【ピーターラビット研究所】

ピーターラビットが出てくる話

キツネどんのおはなし【ピーターラビット研究所】




フロプシーとベンジャミンの子供達は悪名高いアナグマ、トミー・ブロックに誘拐されてしまいます。

フロプシーがトミーを入れたベンジャミンの父へ怒りをぶつけている間に、
ピーターラビットとベンジャミンがブロックの後を追いかけると、彼はトッドの家へ隠れます。
トッドは彼のベットにアナグマが寝ているのを見て、水の入ったバケツをトミーが落ちる様にセットします。
しかし罠が完成する前に彼は目覚めて二匹はつかみ合いに入る。

それを見ていたピーターラビットとベンジャミンはその間に子供達を助け出しました。



【ピーターラビット研究所】

ピーターラビットが出てくる話

ティギーおばさんのおはなし【ピーターラビット研究所】




ベンジャミンと共にピーターラビットはこの話でティギー・ウィンクルが
他の衣服の中のピーターラビットの上着を繕う場面で言及されています。

(実際に登場はしないみたいです)

【ピーターラビット研究所】

ピーターラビットが出てくる話

ベンジャミンバニーのおはなし【ピーターラビット研究所】




ピーターラビットの従兄弟、ベンジャミンバニーはマクレガー夫妻の留守の間に、
未だにピーターラビットの服がある(かかし?)庭へピーターを連れていきます(前夜の雨の所為で服は縮んでいた)。

ピーターラビットの服を取り返した後、彼はピーターラビットの母の為にタマネギを盗みますが、
今度はマクレガーさんの猫に捕まっていまします。

幸運にも、マクガレー夫妻が居ない事に気付いたベンジャミンの父に発見され、助けられます。

【ピーターラビット研究所】

ピーターラビットが出てくる話

ピーターラビットのおはなし【ピーターラビット研究所】




最初のビアトリクス・ポターの本でピーターラビットと彼の家族が紹介さました。

ある日ピーターラビットの母は森で遊んでいるピーターラビットと彼の姉妹、
フロプシー、カトンテール、モプシーを置いて市場へ出かけます。
母の言いつけを破ったピーターラビットはマグレガーさんの農場へ忍び込み、
野菜を食べて、マグレガーさんに見つかってしまい追いまわされる。

なんとか逃げ出す事ができましたが上着と靴をなくしてしまい、それはマクレガーさんの新しいカカシへ使われました。

【ピーターラビット研究所】

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。