ピーターラビット研究所
ピーターラビット研究所

ピーターラビットの歴史

ピーターラビット最古の日本語訳【ピーターラビット研究所】




世界中で愛読されている英国の絵本【ピーターラビットのおはなし】の日本語訳が、
これまでに確認されていた大正時代より早い明治時代に作られていたことが、
河野芳英・大東文化大教授(英米文学)らの調査でわかった。
英語からの翻訳では、最も早いとされてきたオランダ語訳より6年も早く、最古になるという。
河野教授は、研究者でつくる国際的な学術団体に報告する予定だ。

(読売新聞記事より引用)

さすが100年の歴史を誇るピーターラビットですね。
明治時代には既に翻訳されていた、ということですが、
それでも出版からは結構時間が経ってるなぁ。

まぁ今とは時代が違うから情報の伝わり方も違うんでしょうね。

【ピーターラビット研究所】

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。